もしもこれから

Posted by sokkomb.com | | 木曜日 6 2月 2014 6:15 AM

仮定。
これからあなたには、透析が必要になります。

そう言われたら、誰だって気分が沈むのではないでしょうか。透析という言葉について、私たちは実際のところほとんど何も知らなくても、ただそれがとても辛く、厳しいものであることは察しているはずです。

透析とは、腎臓の機能を人工的に代替することです。
腎臓には、血液を濾過する機能があります。何らかの理由で腎不全、つまり腎臓の機能が働かなくなってしまうと、血液中の毒素を濾過することができなくなり、尿毒症に陥る危険性があります。
そうなる前に病院で検査を受け、透析を受ける必要があります。

人工透析治療を行っている病院の科は、腎臓内科です。
腎臓内科では、患者の腎臓の機能を代替する透析を行い、治療を行っています。

腎機能が回復するまで、これを続けなくてはなりません。程度にもよりますが、およそ週に三日、一日四時間程度の時間がかかります。
一ヶ月でおよそ十二回は病院に行き、四十八時間の治療を受けなくてはなりません。
これが、腎機能が回復するか、腎臓移植を受けるまで続きます。透析が必要と言われて、気分が沈んでしまうのも無理はないでしょう。

しかし、透析技術は日に日に進歩しています。
いずれは、病院の腎臓内科に毎週足を運ばなくても良くなる治療法が開発されるかも知れません。
また、これまで考えられているよりも、はるかに治療にかかる負担は軽減され、楽になりました。
透析治療を受け続ける意思を、持ちやすくなったのです。

自分らしく、無理のない治療を受け続ける。
生活の質を保ちながらも、身体を治すことを心がけて、日々生活を送ることができるようになったのです。

OUT LINK

都筑市で安心して通える内科【都筑あずま内科リウマチ科】
六本木で心療内科を探すなら;アーバンライフクリニック六本木

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。